高校留学なら当サイトにお任せ!

留学は治安の良い街で

留学は治安の良い街で 日本と時差がないオーストラリアは人気の留学先で、高校留学を考えている方も多いところです。ですが、特に生活面、その中でも治安について知ることは大切です。オーストラリアは治安がよい場所というイメージが強いですが、それは世界の他の国との比較でしかありません。そのため、決して日本より安全であるわけでもなく、同程度ということもできません。

どの都市でもすりや置き引きなどの盗難被害が起きていますし、強盗や暴行、性犯罪や薬物に起因する犯罪が起きているところもあります。軽犯罪だけでなく、命にかかわる犯罪が起きていることを考えると、高校留学ではどこに住むか、どの地域で生活するかを真剣に考えることが必要です。今ではインターネットなどで大使館や総領事館などの信頼できる情報を手軽に確認できるので、安全な街を選択することは可能です。また、夜間の外出を避けたり、防犯グッズを持ち歩くなど、地元での危機管理の方法を知っておくことでトラブルを避けることができます。

オーストラリアの高校留学で生活しやすいエリアとは

オーストラリアの高校留学で生活しやすいエリアとは 年間約5,600人が高校留学をしており、そのうちで人気となっているのがオーストラリアです。高校留学のシーズンは日本では7月~8月の夏休み期間中となり、この時期は南半球にある豪州では秋なので活動しやすい気候というのも人気の秘密となっています。留学先を決める場合に重要視するのが、高校生が一人で暮らすのにいい生活エリアが広がっている地域かどうかということです。

豪州一帯は非常に治安が良い国でどこでも暮らすのに良いといえますが、その中取り分けメルボルン市エリアは公共交通網が充実していて暮らしやすさは断トツに高いです。メルボルン市には2020年6月時点で計25の日本語学校があり、高校留学だけでなく大学・社会人の日本人留学生も数多く滞在している地域です。愛媛県松山市と姉妹都市協定も結ばれており、日本文化に理解を示している地域でもあります。留学生向けのアパートメントも市内にたくさんあるので住まいも探しやすいです。

新着情報

◎2020/10/8

留学中のアパートの探し方
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

留学は治安の良い街で
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「留学 生活」
に関連するツイート
Twitter

棚4列目 生活○ 人間× 基礎○ 資格○ 日本× 情報× 留学× 総合○ カウ× 保健○

情報ありがとうございます。 自己肯定感上がるというのは確かに楽観的だったかもしれません。しかし私も韓国の大学に留学経験があり、観光客としてでは無く現地で生活したことはあるので現実もある程度は分かってい… 다음은 질문 상자에 peing.net/ko/qs/937552321

なんか留学生活楽しく生きてると自己暗示かけて生きてたけど、昨日ちょっとした事件があって劣等感とか将来の不安が爆発して泣いてしまった 他人と自分比べてもしょうがないのに

こういう約束を交わしたそうなので、どうか今苦境にいる在日ベトナム人(願わくば同じ境遇にいる外国人全て)が救われますように。 >日本とベトナム間の旅客機の運航の再開で合意したほか、日本国内で生活に困窮するベトナム人の技能実習生や留学生などの支援を行っていくことで一致しました。

RT @syakariki111: 入学金タダ!授業料タダ!生活費支給!文部科学省が「反日中国人留学生」に使う血税180億円! blog.goo.ne.jp/think_pod/e/26…

Twitterdregs of nose excrement@hosikuzu

返信 リツイート 52分前

RT @mainichi_KOBE: 外国人留学生への取材を約1年間続けてきましたが、その成果を3回の連載にまとめました。第1回目の記事が配信されましたので、読んでもらえるとうれしいです→外国人苦学生:「進学のため」働き過ぎで失った在留資格 ベトナム人留学生、日本の生活に疲れ…

返信先:@saya_riri84 海外留学や地方からの就活で借金をして以来、毎月返済でギリギリの生活です。ご縁があったら、生活を立て直して自分磨きにお金を使いたいと思っています。よろしくお願いします。

Twitter26年溜め込んだ脂肪とサヨナラしたい@ShErnbugEqjjPN7

返信 リツイート 7:27

RT @syakariki111: 入学金タダ!授業料タダ!生活費支給!文部科学省が「反日中国人留学生」に使う血税180億円! blog.goo.ne.jp/think_pod/e/26…

そういえば春頃に先生から、10月からのイスラエル・テルアビブでの1年間留学プロジェクトをお勧めされて、コロナ渦の中ドイツとさらに違う新しい言語や文化と共に一人で生活を始める事に怖じ気づいて辞めたんだった。 それで良かったと思ってるけど、コロナがなければ今頃テルアビブにいたかも?😂

皆様、お久しぶりです。night float続きのため昼夜逆転生活になり身も心もボロボロでしたが(またかよ)、やっと日勤ローテに戻れたことをご報告します。 臨床留学の日常をちゃんと報告しろ!という幻聴がどこからか聞こえるような気もするので、近いうち合間をぬって投下しようと思います。がんばるぞ。